TwitterのREST APIについて その2(TwitterDeveloperでトークン番号の発番まで)

こんばんは、みんろです!

TwitterAPIを使って色々してみたいPart2です!
本日は、トークン番号などの発番をするため、Appを作っていきますよ。
これが無いと自動ツイートできないからね。
前回同様、英語との戦いだけど、Google翻訳使いながら進めていきましょう。

【前回】TwitterDeveloper登録まで。
https://minro-blog.info/system/develop/twitter-api-1/

【目次】
1. TwitterDeveloperでトークンなどの発番

1.  TwitterDeveloperでトークンなどの発番

①まずはDeveloper登録ができているか確認しましょう。
 ここから右上の「Dashboard」をクリック。
  
 
②下記画面が表示されてれば、Developer登録は完了している。
 
 
③アプリ作っていくよー!
 右上のプルダウンから「Get Started」をクリック。
 
 
④下記画面の「Creat an app」をクリックして進めていきます。
 
 
⑤そうしたら、下記の画面が出てきます。
 赤枠の部分が必須項目だったので、この部分は記入が必要。
 ・ アプリの名前
 ・ アプリの概要
 ・ WebsiteのURL
 ・ どのようにアプリを作るのか? 
 
テストアプリなので、テキトーでOK。
ただし、最後のどのように使う予定なのかは最低100文字以上の入力が必要。
ちなみに私は下記のように入力しました。
 
I plan to output some tweet and user information to CSV files only specific words.
Also, I plan to tweet and follow automatically.
 
ま、そんな感じで、終わったら下の「Create」ボタン!
 
 
⑥注意事項が出てくるから、引き続き「Creat」ボタンを押す!
 
⑦完了!
 ※僕は名前がすでに存在すると言われたので、微修正しましたが、、
 
 早速、トークン番号とか確認していこう。「Keys and tokens」をクリック。
 
⑧Consumer API keysはデフォルトで確認可能でした!
 ただ、Accesstokenは発番が必要なので、「Create」ボタンで作成していきましょう!
 
ボタンを押したら、すぐに発番してくれるんですね!
これで下準備はOK!
 
 
さ、次回はテストツイートできるところまでやっていきますよ!
環境準備というか、こういった準備はいつも時間かかるよなーー

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。